楓の紅葉。

 ここ毎回のように伝えていますが・・・『寒くなってまいりました!』 とにかく朝が寒い!(朝の起床が辛くなって参りました!)・・・しかし!そうは言っても寒さに負けてはいられません。まだ寒い時期は始まったばかり。頑張って参りましょう!!(・・・と自分に言い聞かせて!)

 ひなもり展示場の 『楓』 が紅葉を始めました。風邪の冷たいこの時期にあっても心和みます。展示場に続く道端に、今度は 『千両の実』 が愛らしく揺れています。先週投稿したの「サネカズラ」もそうですが“緑に赤”は見ていて綺麗でインパクトがあります。
b0172502_10481643.jpg

b0172502_10472176.jpg


 上記にあげました 『楓』 を今回またご紹介致します。楓は大径木になりにくい樹です。2.0尺を超える様な巾広の板はなかなか希少です。(その中にあってイタヤカエデは比較的大きくなるようです。)材質は重硬で、加工は少し難しいらしいのですが、磨けば光沢を放ち その存在感は目に焼きつきます。ひなもり銘木では床柱に加工していますが、貴重・希少な『トラ杢(縮杢)』や『玉杢』の印象が強い樹です。
b0172502_111739.jpg

b0172502_11171724.jpg

 乾燥させるのは困難な樹ですが、十分な乾燥をしないと狂いが出る様です。家具材・建築化粧材・薪炭・工芸品など様々な用途に用いられます。その目の細かさや艶に魅了される材です。
[PR]
by hinamori-meiboku | 2014-11-15 10:11 | 柾好

銘木遊園地新聞


by hinamori-meiboku
プロフィールを見る
画像一覧