銀杏のまな板

 こちら小林市では最近の朝は涼しくなって参りました。昼間はまだまだ暑いですが・・・8月も終わりに近づき、学校によって始業式が違うのですが朝 学生の元気な姿が見られるようになりました。(子供の元気な姿はいいですね!こちらも笑顔にさせられます。) 自分自身 車にて出勤するので通勤には気を付ける様心がけなければ!と考えます。

 今週お客様より『銀杏のまな板』のご注文を頂きましたので銀杏についてご紹介します。
b0172502_10154746.jpg

 イチョウは裸子植物において生きた化石とよばれ古くから現存する樹で、今では世界中に分布されています。
長寿であり巨木に成長します。青森県には樹齢1000年を超える長寿木が現存するそうです。近年「銀杏の葉エキス」が注目されていて、血流をよくする効能があるようです。
 銘木としては碁盤・将棋盤にも用いられ、先に画像をあげました「まな板」にもよく使われます。また天井板としても使われる様です。
b0172502_1035196.jpg

b0172502_10351317.jpg

 上画像は「朴の木」と「銀杏の木」のまな板を並べたものですが、銀杏のまな板も朴と同じく材質は繊密・均質で狂いが少なく水気に強ので水切が良いのが特徴です。加えて弾力性があり復元力が強いのも特徴のひとつです。

 ひなもり銘木のまな板は十分に自然乾燥させてから製作しておりますので、イチョウ独特の臭いは感じられません。
[PR]
by hinamori-meiboku | 2014-08-30 11:02 | 柾好

銘木遊園地新聞


by hinamori-meiboku
プロフィールを見る
画像一覧