日向榧

 今週は雨が多い日でした。(梅雨なので仕方ないのですが・・・) ここ最近雨天が多く、「天の恵み」と考える様にしておりますが 反面 九州北部でも大雨により不安を感じた方々もおられると思います。全国で雨の多い日だったり、先日は関東で「雹(ひょう)」が降ったりと大変です。どうか皆様 災害等にはご注意くださいね。

 さて今週 『榧』についてお問い合わせ頂きました。下記の画像は『日向榧』の盤木の画像です。耐水性が高く油分が多く木目が緻密なためお風呂用材としても使われてきたらしいですが、近年大きな榧はとれなくなっている事からもはや希少な材となっています。幾度かご説明しておりますが『日向榧』は碁盤・将棋盤において極めて
貴重な材です。その希少価値の高さは「榧の成長が極めて遅い。」という理由があげられます。元々榧は大径木になるほどに成長しますが、年月の相当数が必要です。碁盤・将棋盤等でも見られるようにその杢目は非常に小さく目合いが詰まっています。(奈良県の榧も有名の様ですね。)

 下の画像は盤木ですが、杢目・目合いを見ればその細かさが解ります。一番下の立木の画像は手前の小さな木が「榧」です。構内に植えている里木にも関わらず、殆ど大きくなりません。榧は元来 日陰でも育つ樹らしいのですが、山奥の厳しい条件の中で大径木になるまで数百年かけて育つ榧はそれ自体が歴史なのかもしれませんね。(ちなみに奥の大きい木は「椨の木(タブノキ)」です。)

b0172502_1463262.jpg
b0172502_1463946.jpg
b0172502_146519.jpg

[PR]
by hinamori-meiboku | 2014-07-05 14:07 | 柾好

銘木遊園地新聞


by hinamori-meiboku
プロフィールを見る
画像一覧