人気ブログランキング |

テーブル材

 沢山のセミが鳴き始め、もうすっかり夏です。私にとっては程なく昔の事ですが、小学生時分夏休みにはよくセミが鳴くさなか虫カゴ片手にカブトムシ・クワガタ・タマムシ・・・みんなでよく山へ向かった事を思いだします。
子供たちは夏休み!元気いっぱいに遊んでもらいたいものです。(宿題もやらないと後々大変ですが・・・) 

 少し前にもご紹介しましたが、ここ最近でも【台湾桧】や【台湾楠】のお問い合わせを頂きます。テーブル材もお問い合わせ頂いておりますので合わせてご紹介致します。

 一口にテーブル板と言ってもいろんな樹種ございますが、今回はお問い合わせ頂いた関連のものを取り上げさせて頂きます。
先ずは台湾クスですが国産と同じく樟脳の匂いが強く、時折ブドウ杢のような珍しい杢が見られます。
b0172502_9254491.jpg

続いてアサメラです。ガーナ・ザイールで採れるこの材はマメ科広葉樹。やや重硬で耐久性も高く内装材・家具材に用いられる事が多い様です。
b0172502_9312037.jpg

次にブビンガですがカメルーン等の熱帯アフリカが産地ですが、この材の特徴として非常に硬く・重い。故に耐久性が非常に高く、シロアリにも強いのが特徴です。また独特の杢目や色調も美しさが際立ちます。
b0172502_9422752.jpg

最後に屋久杉です。云わずと知れた鹿児島の屋久島に自生する樹齢1000年を超える大木です。現在では伐採出来ない貴重な樹です。下の画像は巾1200mmもある広板です。
b0172502_13271912.jpg

by hinamori-meiboku | 2013-07-26 09:32 | 柾好

銘木遊園地新聞


by hinamori-meiboku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る