人気ブログランキング |

床の間材

 皆様暑い日々が続きますが如何お過ごしでしょうか?学生はもうすぐ夏休みにはいりますね。昔学生の時分が懐かしいものです。代わりにお母さん方は大変な時期でしょうが、夏バテせずに頑張って下さい。これから先はお盆休み・夏祭り・花火大会などイベント盛沢山ですね。それらを活力に日々を楽しみたいと思います。

 さて、ここ最近【床の間】関係のお問い合わせやご注文を多く頂いておりますが、今週も床の間一式分の製作がありましたのでご紹介致します。
b0172502_13305100.jpg

上の画像、床柱は【楓】の床柱です。“モミジ”を含んで総称として“楓”と呼びますが一般的に馴染みとしては“モミジ”と呼ばれる事が多いようです。【楓】も何度かご紹介しておりますが、最近の床柱としては白木として好まれている傾向がある様です。むろん【欅】・【杉】・【黒壇】・【松】・【桑】等他にも素晴らしい樹種も沢山ございますが、【楓】についてのお問い合わせやご質問が多い様に伺えます。画像の様に『杢』が沢山でる事も貴重ですが、何よりそこで(杢が一番出ている所)製品として仕上げる技術が凄いです。
b0172502_13455853.jpg

b0172502_13461330.jpg

上の画像は【綾の欅】による床板・前板です。綾欅による赤味が独特です。(上の画像はクリアーを少し塗装したもので、着色は行っておりません。)
b0172502_13522046.jpg

最後に落し掛けと床框ですが、床框は床柱と同じく楓です。静かに主張する逸品です。落し掛けは【屋久杉】を選んで頂きました。これも杉の杢の魅力が良く出ている逸品です。

 以後 新築・改築をお考え頂いておられる方は 和室自体が少なくなってきている現代ですが日本の文化として、多種・多様の組み合わせで お施主様色の床の間を造り上げるのも、お家造りの楽しみとしてお考え頂けたら幸いに思います。
by hinamori-meiboku | 2013-07-20 14:11 | 柾好

銘木遊園地新聞


by hinamori-meiboku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る