人気ブログランキング |

霧島赤松の角材

 本日は小春日和の穏やかな日です。小鳥も囀り風もそよ風!ふと会社構内をみてみると桜は散り始めてはいるもののそこらには春がいっぱいです。下の画像はタンポポが愛らしくさいていたので載せてみました。他にも社主丸野の鉢植えにはチューリップとパンジーが!・・・そこだけがオランダの風景に見えます。休憩所横には山吹が咲きほこっていて気持ちを和ませてくれます。
b0172502_15331971.jpg
b0172502_15335147.jpg
b0172502_1534068.jpg

 下の画像は今週、先輩の安藤さんが見つけた欅の看板材です。面付の1間(1.8~2m)物です。他にも数点削り直していましたが、こんな板で看板掲げてみるのも面白いと思いつつ掲載してみました。
b0172502_15385659.jpg

 それから“地松の柱(角材)”のお問い合わせを頂きましたので調べてみました。下の画像がその材です。
b0172502_1545198.jpg

2本とも4ムがとれそうな材です。一本が原寸11.5尺(3450mm)×6.5寸(195mm)×6.5寸(195mm)で、もう一本が片杢ながら13.5尺(4050mm)×7.0寸(210mm)×5.2寸(156mm)の材ですがやっぱり“霧島赤松”。グッと魅了されます。その存在感が圧倒的です。

 そして出来れば共木(同じ木から採れた材)が宜しいとの事で探したのが下の画像です。
b0172502_1553415.jpg

 右画像の方が14.0尺(4200mm)×7.0寸(210mm)×5.2寸(156mm)です。左画像が14.0尺(4200mm)×7.7寸(231mm)×5.6寸(168mm)で2本とも3ムの材です。こちらは杢目が細かく繊細な雰囲気です。そんな中にも豪快さを漂わせる“霧島赤松”!貴重さを噛みしめながら取り組んで参りたいと思います。
by hinamori-meiboku | 2013-03-30 16:03 | 柾好

銘木遊園地新聞


by hinamori-meiboku
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る