適材適所

みなさんは「適材適所」という言葉をご存知でしょうか?

「人の能力・特性などを正しく評価して、ふさわしい地位・仕事につけること」を表す四字熟語です。


この言葉の語源は伝統的な日本家屋であったり、寺院などで使用される建築部材を構造物の耐久性や材の特性を考慮した上で、一番適した配置に設置するというところからきています。

(ex.)
・土台には腐りにくく耐久性の高い檜や栗
・内装の一部になる柱には木目の美しくやさしい肌合いの杉
・屋根や二階以上の重量を支える梁には強靭な松


「個性を殺さず癖を生かす。人も木も、育て方、生かし方は同じだ」
これは、宮大工西岡常一さんの言葉で、とても奥が深い言葉であり、適材適所の考え方が精通しているのではないか・・・
などと考えさせられます。


b0172502_9313285.jpg

これは、先日名古屋に行った際、名古屋城本丸御殿復元工事の写真です。
完成予定は2017年のようです☆


<引用及び参考文献>
http://www.pref.gifu.lg.jp/pref/s11545/tekizaitekisyo/column01/column01.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A9%E6%9D%90%E9%81%A9%E6%89%80

[PR]
by hinamori-meiboku | 2010-08-27 08:47 | 酒盗

銘木遊園地新聞


by hinamori-meiboku
プロフィールを見る
画像一覧