カテゴリ:福到( 11 )

清武杉の床柱

6月に入りましたがいいお天気が続いているひなもりです。
2年前にいただいたバラが少し前に満開に・・・

b0172502_15364845.jpg

b0172502_15372220.jpg

梅雨入りはもう少し先のようです。

先日、お家を新築中のお客様が床柱を見に来店されました。
いろいろな樹種や大きさの床柱を見ていただく中で、気に入られたのが「清武杉」の床柱。
b0172502_15412445.jpg

この「清武杉」は、清武町の今泉神社の社木です。
神聖で風格もある、どっしりとした雰囲気の「清武杉」
千年の悠久の時を経た古木であり屋久杉に引けをとりません。
b0172502_17374995.jpg

杢目も屋久杉と似ており、重ねてきた歴史が垣間見えます。

そういった清武杉のストーリーも気に入っていただき、こちらを選ばれました。
b0172502_17371472.jpg


地元の木を地元の方に、それもこれから歴史を重ねていく新築住宅に使っていただく。
こんなに嬉しいことはないです。
完成が楽しみです。


[PR]
by hinamori-meiboku | 2017-06-05 16:02 | 福到

東京八重洲展示会のご案内

日に日に寒さが増しているひなもりです。
やっと冬らしくなってきました。

今年も東京八重洲にて展示会を開催いたします。
b0172502_14464245.jpg
今年は新商品の盤も持っていきます。
ぜひお時間を作って足をお運びください。
お待ちしております。

[PR]
by hinamori-meiboku | 2017-01-14 15:02 | 福到

「みやざきの工芸展2016」開催終了致しました。

朝晩がぐっと冷え込むようになったひなもりです。
やっと秋らしい季節になりました。

10月5日に無事「みやざきの工芸展2016」の開催が終了しました。
b0172502_17393133.jpg

同時開催していたワークショップではたくさんの方々に体験していただき、宮崎で育った木にそれぞれの思い出を手形という形で刻んでいただきました☆
b0172502_1740172.jpg

「いい思い出になった」
「大切にします」
そういった声をいただき、私たちも嬉しくなりました。
こういった活動を通じて木の大切さや木の温もりを伝えていきたいと思います。

お忙しい中お越しくださった皆様。
弊社ブースへお立ち寄りくださった皆様。
本当にありがとうございました。

b0172502_17442430.jpg

生駒高原ではコスモスが見ごろです。
冬の足音がすぐそこまできているのかもしれません。
[PR]
by hinamori-meiboku | 2016-10-12 17:50 | 福到

屋久杉のテーブル 後編

ここ数日は蒸し暑さが続いたひなもりです。
今朝は秋らしい爽やかな風が吹いて気持ちがいいお天気です。

さて、前回お伝えしました屋久杉のテーブルが完成しました!

b0172502_10294573.jpg


存在感のあるテーブルに仕上がりました。

b0172502_10324762.jpg

杢目がキレイです。
b0172502_10361464.jpg

b0172502_10365310.jpg

トラ杢が光の加減でユラユラと揺れているよう。

お茶を飲みながら。
お酒をたしなみながら。
お仕事しながら。
お勉強しながら。
ふとした時に「杢目を楽しむ」
そんな一息できるような空間になったらいいなと思っています。

ひなもりの食卓には秋が到来。
b0172502_113217.jpg

今年も「食欲の秋」に拍車がかかりそうな予感です。
[PR]
by hinamori-meiboku | 2016-09-08 11:05 | 福到

内祝い 朴のまな板と霧島山系のお箸

昨日から雲が多く、午前中は小雨だったひなもりです。
風が涼しくなって秋の予感を感じさせてくれる反面、午後からの日差しはきつくまだまだ残暑が続く予感がしています。

さて、先日弊社の朴の木のまな板とお箸を内祝いに使っていただきました。
写真はお箸とカッティングボードです。
b0172502_15495718.jpg

「お箸は手になじんで使い勝手がいい。」
「まな板はもったいなくて使えない。」
「お箸はあまりに綺麗なのでお正月におろす。」
「子どもが早く使いたいってワクワクしています。」
などなど、様々な声が届きました。

こういった声がきけて嬉しいですね。
せっかくなのですぐにでも使っていただきたいです。
また使った感想などもお聞きしてみたいですね。


毎日使うものだから、
 使い勝手のいいものを
 手に馴染むものを
 環境にいいものを    
      選んでもらいたい。

大切な誰かのために。


ひなもり庭園では百日紅がきれいに咲いています。
ひなもり岳も雄大な姿を見せています。
b0172502_1695439.jpg

秋の気配もすぐそこまできているのかもしれません。
[PR]
by hinamori-meiboku | 2016-08-25 16:16 | 福到

キリシマスギの落とし掛け

暑い日が続きますね。
ひなもりでは先ほどから夕立があり、風が涼しくなっています。

先日ひなもりオートキャンプ場へ遊びに行ってきました。
大自然の中でのバーベキューはいつも以上に食べ過ぎてしまうほどご飯が美味しかったです☆
次の日も晴天!霧島連山がまた違った角度から見えました。
美しいですね。
b0172502_1755443.jpg

青い空と白い雲にまぶしい緑が映えています。
ずーっと見ていても飽きない風景です。

さて、今日は霧島杉の落とし掛けのご紹介です。
b0172502_17103570.jpg

キレイな赤味で美しい杢です。
b0172502_17134091.jpg

b0172502_17152915.jpg

b0172502_17165710.jpg


霧島杉も杢が特徴的です。
例えば全面にササ杢がでるものなどは貴重で非常に珍しいです。
そちらはまたアップしますね。
[PR]
by hinamori-meiboku | 2016-08-01 19:24 | 福到

新商品☆日向榧(かや)の将棋盤!!

昨日の雨が上がり、今日は夏日となったひなもりです。
ゴールデンウィークもあっという間に過ぎましたね。皆さまいかが過ごされましたでしょうか?

今日は、先日仕上がったばかりの新商品のご案内です♪

日向榧(かや)の将棋盤です!!
b0172502_1741431.jpg

b0172502_1743781.jpg

厚み6.2寸の天柾の盤です。


空調を完備し常に一定の温湿度を保っている倉庫で長年出番を待っていた盤です。
本日初お披露目となります。
b0172502_17461959.jpg

撮影条件の影響により色が実物と少し違いますが、美しい飴色です。

目も細かく赤めの素晴らしい盤です。
b0172502_1319759.jpg


今では伐採禁止となっている日向榧(かや)
生育していた森は平成24年にユネスコエコパークに認定されました。


貴重な材を大切にし、素晴らしい商品を作り上げていく。

「いいものを長く丁寧に使う」モノづくりをこれからも目指し精進していきます。
[PR]
by hinamori-meiboku | 2016-05-07 18:05 | 福到

ギネスに挑戦!!

おはようございます。
今朝は曇り空のひなもりです。

さて、先週19日(土)に行われた小林市の取り組みのご紹介です☆
ギネスブックの記録「ひとつのいすに連なって座った最多人数」に挑戦しました!
b0172502_8424071.jpg

運動公園に集まるたくさんの人々。
陸上競技場のトラックに順番に並んでいきます。
b0172502_8462574.jpg


結果は・・・・成功しました!!
2067人と、岐阜県山県市の1831人を236人も上回る結果となりました♪
無事ギネス認定となり、よかったです!

みなさんお疲れ様でした。
[PR]
by hinamori-meiboku | 2016-03-23 08:52 | 福到

屋久天井板

今日のひなもりはとても暖かくいいお天気でした。
体を動かすと汗ばむほど・・・とはいっても朝晩はまだ少し冷えます。

今日は屋久の天井板のご紹介。
真ん中のものが屋久杉の天井板です。(2間)
b0172502_16444356.jpg

屋久杉とは、屋久島の杉で樹齢1000年以上のもののことをさします。
伐採は禁止され、風倒木や土埋木だけを出していますが、それももうあとわずかと言われています。
とても希少で貴重な材です。
b0172502_1752639.jpg

過酷な環境で育った木なので杢目は緻密で美しいです。

弊社展示場にも使われています。
b0172502_178513.jpg

杢目を楽しむということ。
そんな日本人らしさを思い出させてくれる空間です。

クリスマスローズがしとやかにお出迎えしてくれます。
長火鉢は一位(イチイ)材で昭和20年代に当社が作成しました。
寒い日は自家製の炭で暖をとったりお茶をいれたりします。
時間と共に材の深みと味が出てきます。
b0172502_17115144.jpg




昨年5月にいただいたバラに新芽が。
b0172502_17234815.jpg

いよいよ春本番です。
[PR]
by hinamori-meiboku | 2016-03-17 17:31 | 福到

ゴヨウマツと霧島赤松の縁甲板

ここ数日の春日和と打って変わって肌寒いひなもりです。

今日は庭師さんがゴヨウマツのお手入れに来てくださいました。
数か月元気のないゴヨウマツ。どうやら根の下にモグラが巣を作っていたようです。
そのため雨が降っても水をやってもモグラの穴から水が流れてしまい、水分が足らない状態に。
そこでモグラ対策の為、棟梁にきていただきました。
b0172502_15425487.jpg

クレーン車が入れないため、昔からの方法でゴヨウマツを引き上げます。
b0172502_15474050.jpg

三又と呼ばれる、丸太を三本使っててこの原理で持ち上げます。
石灯籠を作っていただいた時もこの方法を使われました。
そして栄養のある土を混ぜます。
b0172502_15494916.jpg

b0172502_1550265.jpg

彼岸花やトウガラシを下に入れて土を上からかぶせて完了です。
b0172502_15514871.jpg

b0172502_1553841.jpg

元気になりますように・・・


そして松つながりで、弊社展示場の霧島赤松の縁甲板をご紹介♪
ブログでは何回かご紹介させていただいています。
b0172502_1554164.jpg

皇居の松の間に納めさせていただいた霧島赤松の縁甲板。
8畳2間続きの和室の縁側で、一番長いもので8.1mあります。厚みは6分。
この長さの縁甲板は今ではかなり希少で貴重です。
30年以上の歳月を経た霧島赤松の縁甲板は落ち着いた雰囲気を醸し出し、客人をもてなしてくれます。
縁側からの庭の眺めも素晴らしいものです。
ぜひ、心を落ち着かせにいらしてください。

庭の片隅では枝を落とした椿の木に花が。
b0172502_16421668.jpg

b0172502_16424667.jpg

たくましい命の息吹を感じます。
[PR]
by hinamori-meiboku | 2016-03-10 16:43 | 福到

銘木遊園地新聞


by hinamori-meiboku
プロフィールを見る
画像一覧