台湾桧を・・・

雨が続くひなもりです。
朝晩は少し肌寒くなってきました。

さて、先日お客様より台湾桧のご注文をいただきました。

社寺の襖の建具枠に使うそうです。

台湾桧は今はもう伐採できないため、貴重な希小材です。

まずはお客様のほしい寸法が取れる台湾桧を倉庫の中から探します。
そして墨付けをして加工します。
b0172502_117372.jpg

それが割れないように小口にロウを、板目にはラッカーを塗り完成☆
b0172502_1182463.jpg

最後に梱包して出荷します。
b0172502_119323.jpg


ご依頼くださった商品を用意する。

それは当然の仕事。

その材をどこに使うのか?どうやって使うのか?

そこまでお聞きして、それに適した材を探し加工する。
“適材適所”
それがひなもりの仕事です。
[PR]
by hinamori-meiboku | 2015-08-31 11:27 | 作業風景~

銘木遊園地新聞


by hinamori-meiboku
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31